Webライター

現役Webライターの記事の書き方を徹底解説【基礎が丸わかり!】

普段Webライターってどういう手順で記事書いてるの?

初心者の頃なんかは特に気になりますよね。

今回は、「Webライティングの基礎知識」や「僕の記事作成手順」、「文章の書き方」まで全部解説します。

文章の書き方がわからない人は真似してみてね。

この記事でわかること

・Webライティングの特徴

・Webライターの記事の書き方

・Webライターが絶対にやらない記事の書き方

・上級Webライターに共通する書き方の特徴

では、解説していきます。

Webライターの書く記事は紙媒体とは書き方が違う!

Web媒体と紙媒体

まず記事の書き方の説明の前に、Web媒体と紙媒体では文章の書き方が全然違うことについて解説していきます。

Webの文章は、本や雑誌とは異なる読者層・ルールがあり、Webライティングは普通の文章とは前提から異なります。

Webの文章は紙媒体とは異なる

・Googleを意識して書く必要がある

・結論を先に書く

・シンプル・わかりやすいが重要

それぞれ解説していきます。

Googleを意識して書く必要がある

前提としてWeb媒体・紙媒体は、読者を意識して文章を書きます。

しかし、Web媒体ではGoogle様も意識して文章を書かなければなりません。

Google対策のことをSEO対策(エスイーオー対策)といいます。(めちゃくちゃ簡単に言うとだけどね笑)

SEO対策が完璧にできると、検索結果の上位に上がりやすくなります。

SEO対策はたくさんあるけど、主なところを意識していこう。

Webライターが行う主なSEO対策はこちら!

Webライターが行うSEO対策

・見出しの左端にキーワードを詰める

・あれ・これなどの指示語はなるべく使わない

・体験談などオリジナリティ多めにする

実際Webライターの案件では、体験談とか入れる場面はあまりないので、これは無視して大丈夫です。

ブログなどを書く場合は、オリジナリティ多めがいいよ。

ほかにも、いくつかSEO対策はあります。

紙媒体と違い、意識するべき存在が読者以外にもいるということを覚えておきましょう。

結論を先に書く

本などでは、ありえないですよね。

名探偵コナンで、犯人から発表するようなものです。

しかし、Webの記事では結論を書いてから内容を書きます。

なんでだろう?

読者が読んでくれないからです!

Web記事の読者というのは、結論がわからない記事を最後まで読みません。

なぜなら、記事が読みたいのではなく、情報が欲しいから。

情報が最初にない記事をダラダラ読むようなことを、読者はしません。

見出しだけで、何についての文章が書かれているのか読者に伝わるようにしましょう。

結論を魅力的に書き、文章までしっかりと読んでもらうことがWebライティングの基本です。

「~とは?」のような見出しはNG 。「~とは~です」の見出しはOK。

難しい文章よりシンプル・分かりやすいが最適

Webライティングでは、本のような難しい文章は好まれません。

読者が情報を受け取りやすいように、記事を書く必要があるよ。

シンプル・簡潔な文章を書く方法はこちら!

シンプル・簡潔な文章を書くには

・漢字だらけにならないように調整

・一文を短く

・まわりくどい表現は避ける

Webにおいて、読者の集中力は非常に短いです。

長々とズラーと書いてある文章は、サイトの離脱につながります。

短ければOKってわけではありません。読者に伝わりやすい文章は短い場合が多いということです。

Webライターの記事の書き方を6ステップで解説

記事執筆をするWebライター

お待たせしました!

ここからは、Webライターの記事の書き方を解説していきます。

Webライターの記事の書き方

①ペルソナ設定

②キーワード選定を行う

③競合調査

④記事の構成を作る

⑤内容を書く

⑥見直し・修正

それぞれ解説していきます。

ペルソナ設定

ペルソナ設定とは、ターゲットより細かい設定のことです。

ターゲット

・20代~30代の男性

・会社員

・副業に興味がある

ペルソナ

・29歳男性

・妻と男の子、女の子の4人で暮らしている

・○○系の会社に勤めている

・年収は350万円

・将来のことを心配し、Webライターを始めたいと思っている

・副業で月に5万円稼ぐことを目標にしている

ペルソナでは、悩み・目標・家族構成・年収なんかも設定するよ。

ターゲットより、細かい設定と覚えておこう。

ペルソナ設定が記事作成に必要な理由は、ターゲットのような大まかな設定では記事も大まかになるからです。

ペルソナ設定のような細かい設定によって、一部の人に刺さる記事が出来上がります。

20代の若者へ」より「大学生の君へ」の方が、ターゲットは狭まりますが一部の人に刺さります。また、「男性のみなさん」のようにあまりに広い設定だと誰にも読んでもらえません。

キーワード選定を行う

文字通り、キーワードを選びます。

キーワード選定の手順はこちら!

ツールを使ってキーワードをいくつか出す→検索ボリュームを調べる

たった2つの行動のみです。

①では、ラッコキーワードというツールがおすすめ!

②では、Googleキーワードプランナーというツールがおすすめ!

慣れれば、5分でキーワード選定できるよ

ここから、キーワード選定の具体例を解説していきます。

Webライターの記事について書く場合

キーワードは「Webライター 書き方」や「Webライター 年収」などが出てきます。(キーワード抽出

次に抽出したキーワードを検索してくれる人が、一定数いるのかツールで調べます。(検索ボリューム

検索ボリュームは、月間100以上が一般的な最低ラインだ。

検索ボリューム調査は、検索されない記事を書かないために重要です。

競合調査

僕の競合調査は、結構軽めです。

いくつかの箇所チェックするのみです。

競合調査の時に、チェックするべき部分はこちら!

競合調査の時チェックする箇所

①検索結果に法人がどれだけいるか

②上位記事の見出し構成

たったこれだけです。

 まず、上位にあるサイトが法人だらけだと勝ち目ないです。(法人ってだけで強い)

書かなければいけないときは、負け戦だと思いましょう。

逆に、上位が個人ブログの場合は、頑張ればいけます!!

 次に行う上位記事の見出し構成は、しっかりとチェックしてください。

Google様が、このキーワードにどんな答えを求めているかがわかります。

上位記事に共通している見出しは、必ず入れましょう。

見るのは見出し構成のみ。内容は引っ張られちゃうので絶対に見るな!

Webライターのリサーチについてはこちらで詳しく解説。

Webライターにはリサーチ能力が必須!【コツを掴んで時間短縮を実現】

Webライターの業務で、リサーチが占める部分は非常に大きいです。 リサーチ能力の不足は、記事の品質・業務時間にダイレクトにつながります。 今回は、正確なリサーチの方法やリサーチに関する悩みを解決してい ...

続きを見る

記事の構成を作る

僕は、構成に大体40分~1時間くらい時間をかけますね。

記事の構成で、注意すべき3点はこちら。

記事の構成で注意すべき3点

①キーワードは左端に

②見出し階層を適切に

③見出しだけで内容が伝わるように

一つずつ解説していきます!

①キーワードは左端に詰めましょう!

Googleは左端にあるキーワードを、重要なキーワードと判断するからです。

少し例を出します。

今から狙うキーワードは、「カレー  作り方」です。

理想の例(キーワードがあり、左端に配置している)

【タイトル】

カレーの作り方を初心者にもわかりやすく解説します!

【見出し】

カレーの作り方の手順5つ

ダメな例(キーワードが左端になく、見出しにはキーワードがない)

【タイトル】

初心者にわかりやすく料理人の私がカレーの作り方を解説します!

【見出し】

事前準備

特に、タイトルとH2見出しにはキーワードを入れ、左端に配置することを意識しましょう!!

ここの問題は正直難しいです。読者のことを考えると、キーワードの詰め込みすぎは不快感を与えます。キーワードをできれば左端に詰めるくらいが正解です。

②見出し階層は適切に!!

見出しには階層が存在し、不適切な階層はGoogleに評価されません。

適切なタイトル・見出しに、適切なタグをつけましょう。

理想の見出し階層例

【H1タグ】日本でよく食べられる料理(ここがタイトル

 【H2タグ】日本料理

  【H3タグ】お寿司

  【H3タグ】焼き魚

 【H2タグ】中華料理

  【H3タグ】チャーハン

  【H3タグ】シュウマイ

 【H2タグ】洋風料理

  【H3タグ】パスタ

  【H3タグ】パエリア

 【H2タグ】まとめ

要素の大きさに合わせて、見出しタグがきれいに揃っています。

目次を見たとき、分かりやすいよね。

ダメな見出し階層の例

  【H3タグ】日本でよく食べられる料理(ここがタイトル

【H1タグ】日本料理

 【H2タグ】お寿司

【H1タグ】焼き魚

 【H2タグ】中華料理

 【H2タグ】チャーハン

  【H3タグ】シュウマイ

【H1タグ】洋風料理

 【H2タグ】パスタ

  【H3タグ】パエリア

  【H3タグ】まとめ

何が何だかわかんないってなりませんか?

気分でタグを決めるのではなく、見出しのルールにのっとり、タグを決めましょう。

③見出しだけで内容が伝わるように

目次を見ただけで、何が書かれているか大体わかるのが理想です。

~とは?のような見出しは絶対にやめましょう

例・・・Webライターとは?、SEOとは?

読者は見出しで記事を読んでるよ!内容は気になったところしか読まれない。

抽象的な見出しは惹かれないので、必ず見出しには答えや内容を書きましょう!

内容を書く

内容を書いていきます。

特に気を付けることはありません(笑)

リサーチした内容を正確に!そして、他人の記事をパクらずに書きましょう。

語尾や助詞、接続詞に注意してきれいな文章を書きましょう!

見直し・修正

見直し・修正は、徹底的に行いましょう。

文章がおかしいと、SEO的には評価が悪いそうです。

文章が伝わりやすく書かれているかなどを、しっかりとチェックしていきましょう。

記事を書く際のチェックリストを作ったので、使ってください。

記事修正のチェックリスト

・語尾が単調でないか

・ら抜き言葉が入っていないか

・助詞が適切か

・文章に詰まるところはないか

・わかりやすく、シンプルであるか

・言葉や事実に間違いはないか

これで、記事の書き方の流れは終了です。

大体みんなこんな感じだよ。

Webライターが絶対にやらない記事の書き方3選

間違えたWebライター

ここからは、Webライターが絶対にやらない記事の書き方を3つ紹介します。

初心者の方などは、やっちゃってないか確認しましょう。

Webライターがやらない書き方

・知りたい情報がすぐに見つけられない

・必要な情報が不足している

・改行をあまりしない

それぞれ解説していきます。

知りたい情報がすぐに見つけられない

情報がすぐに見つけられない記事は、離脱率が高いです。

知りたい情報・重要な情報は、流し読みでも見つけられるようにするのがベストです。

流し読みでも情報を見つけてもらえるよう、情報を目立たせることがとにかく大切です。

情報を目立たせる方法は、こちら!

情報を目立たせる方法

・ボックスや文字の色・大きさの変更

・画像に情報を入れ込む

・見出しに情報を入れる

目立つ場所に入れる・装飾するの2通りがあります。

Webライターの業務で、装飾を任されたらこれらを意識しよう。見出しに情報は必須!

必要な情報が不足している

読者の悩み・知りたいことは、記事を読み進めていくうちに変化していきます。

悩み・知りたいことが解決すると、新たな悩みが出てくるのが人間です。

つまり、読者の悩み・知りたいことを先回りして記事を書こう!

読者の悩み・知りたいことの変化は以下のように置きます。

読者「副業Webライターの月収っていくらだろう」   (最初に知りたいこと)

【検索】

 

月収判明!!(悩み解決)

(新たな悩み)

読者「この月収のWebライターは文字単価何円?」

読者「どのくらい働いているの?」         

読者「その月収まで行くためにどうすればいいの?」

このように一つ悩みが解決しても、どんどん悩みがでてきます。

新しい悩みに対応してなく、読者に再検索されることは、Googleから低い評価を受けます。

新たな悩みを予測して、記事の構成を考えよう。

改行をあまりしない

Webライティングにおいて、改行はめちゃくちゃ大切です。

特に初心者のうちは、改行を意識してください。

改行をするメリットはこちら!

改行するメリット

・読みやすくなる

・文字の黒さが減り、きれいな記事に見える

・装飾しやすい

ズラズラ書かれた文章なんて、目が疲れるよね。

ブログ記事の場合のときも、積極的に改行しよう!

上級Webライターの記事に共通する書き方の特徴

違いに気づいたWebライターの男性

最後に、上級Webライターに共通する書き方の特徴を紹介します。

これが出来ていると、僕は文章がうまいなあと感じます。

上級Webライター書き方の特徴

・根拠がしっかりしている

・文章同士のつながりがなめらかに感じる

意外と難しいよ。

根拠がしっかりしている

第三者の意見・外部の資料からの根拠をもとに信頼できる文章を上級Webライターは作ります。

一つ一つの文章が根拠をもとに書かれており、読者に信頼感を与えます。

根拠をもとに、文章を広げていくのは難しいよね。

Webライターは、ブログのように自分の意見を書いたりはしないので、この能力は重宝されます。

根拠を丸パクリしないように注意。根拠をもとに自分の言葉・自分の文章で説得力のある記事を作成しよう。

文章同士のつながりがなめらかに感じる

うまいWebライターの文章は、スラスラ読めちゃいます。

それは、文章のつながりが自然であり、なめらかだからです。

当然、内容のつながりもきれいです。

文章同士のつながりが、なめらかな理由はこちら!

文章同士がなめらかに感じる理由

・接続詞が適切

・読者に疑問をどんどん与えない

・論理がしっかりしている

特に、論理がしっかりしていることは大切です。

文章についていけなくなった時点で、読者は離脱しますからね。

執筆者目線で読むと論理がよく破綻します。読者目線で読むことをを忘れずに!

上級者Webライターの文章は、練習で身に着けることが可能です。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

【必見】Webライターの練習は何をすればいいの?【練習メニュー公開】

「Webライターって具体的に何を練習すればいいの?」 僕も初心者の頃は同じことを思ってました。 「文章の鍛え方なんて、全然わかんねえ」って感じです。 しかし、今ではWebライターらしい文章がスラスラ書 ...

続きを見る

まとめ Webライターは記事の内容より書き方が重要!

Webライターの道具

現役Webライターの記事の書き方を、詳しく解説しました。

かなり細かいところまで説明したので、大部分は理解していただけたかと思います。

難しいように感じた人も多いかもしれませんが、全然そんなことはないので安心してください。

初心者の方は、記事の書き方を学んだら案件をたくさん受けて、成長していきましょう!

-Webライター