Webライター

Webライターは稼げないジャンルを選ばないことが重要!月10万は超えます

稼げるジャンルを選ぶことより、稼げないジャンルを選ばないことが重要!!

同じようで全然違います。

稼げるジャンルを選ぶことは、初心者にはおすすめしません。

ジャンルについてたくさん解説していくよ

この記事でわかること

・Webライターは稼げないジャンルの方を重視する理由

・稼げるジャンルと稼げないジャンルの違い

・稼げるジャンルと稼げないジャンルを紹介

・稼ぐために稼げるジャンルは必須ではない

では、解説していきます。

稼げないジャンルを選ぶとWebライターはきつい

きつい思いをしている男性

僕の中で稼げないジャンルとは、単価が上がりにくい案件が多く存在しているジャンルのこと。

決して、最初の文字単価が低い案件ではないです。

単価が上がりにくい案件は、お先真っ暗な道を歩いてるのと同じ。

将来性がありません。

稼げるジャンルに目を向ける前に、初心者は稼げないジャンルに目を向けるべき

稼げるジャンルは初心者には難しいです。月20万ほど突破したら稼げるジャンルを考えましょう!

Webライターとして稼ぐのに稼げるジャンルは必須ではない

稼いでいる女性

初心者は、稼げるジャンルの案件がないと稼げないと思っています。

しかし、実際は全然そんなことなく、稼げるジャンルの案件がなくても稼げます。

その理由はこちら。

稼げるジャンルは必須ではない

・大体のジャンルは単価を上げられる

・スキルで高単価に変えられる

・3か月で月10万稼いだ僕に高単価ジャンルは0

それぞれ解説していきます。

大体のジャンルは単価を上げられる

大体のジャンルは、単価を大幅に上げることが可能です。

実際、僕も文字単価1円の案件を数か月で3円まで伸ばしました。

Webライターは単価交渉で文字単価3円までは、全然伸ばすことが可能です。

月20万レベルなら、高単価ジャンルはいらないです。

あんなところはライバルが強いから無理無理

高単価ジャンルでないと稼げないほど、Webライターはブラックではないよ。

得意なジャンルが、たまたま高単価でライバルが多いジャンルなら挑戦してみてもいいと思います。しかし、わざわざ初心者Webライターが勉強して高単価ジャンルに行くのは危険です。

単価交渉のやり方については、こちらの記事で解説してます。

Webライターの単価交渉の仕方を特別公開【僕はこれで文字単価3倍に!】

稼ぐために、単価交渉スキルは必要不可欠!! 単価交渉スキルを身につければ、文字単価は数倍以上にできます。 今回は、「3か月で月10万円」を突破した僕の単価交渉術を教えたいと思います。 裏技も公開してい ...

続きを見る

スキルで高単価案件に変えられる

大抵のジャンルは、スキルである程度まで単価を伸ばすことが可能です。

単価を伸ばすために必要なスキルはこちら。

単価を伸ばすスキル

・SEOライティング

・セールスライティング

・コピーライティング

・文章力

これらのスキルを重要視する案件なら、高単価案件に全然変わります。

特に、「セールスライティング」や「コピーライティング」は、月100万狙えるスキルです。

もちろん実績がないと、こんな案件は回ってこないよ

高単価案件を狙うより、スキルを磨いた方が将来的に安定!

Webライターに必要なスキルはこちらの記事で紹介しています。

Webライターに必要なスキルを徹底解説!これさえ学べばOK【初心者必見】

初心者Webライターは悩みがあります。 その中でも、「どんなスキルを学んでいけばいいのか」・「高単価の人はどんな知識を持っているのか」は、全く分からないと思います。 僕も最初のころは、知識はないし、お ...

続きを見る

3か月で月10万突破した僕に高単価ジャンルはなかったから

僕には高単価ジャンルはなかった!

月10万、月20万くらいまでは、高単価案件などは考えなくてもいいなと感じました。

僕は単価を伸ばした時は、以下のような感じでやってました。

まず必要なのは、最初に獲得した案件の単価をできる限り伸ばすこと。そして、1つ伸ばすことに成功したら複数伸ばす。最後に、オークションみたいに自分の価値をたくさん伝え、単価をつり上げる。

僕は、ほかではこの単価でやっていますとかを、発注者にさりげなく伝えていました。

このように高単価ジャンルなしでも、副業なら絶対困りません。

単価交渉も1つのスキルです。自己流でどんどん単価交渉を仕掛けていくのはやめましょう。

ちなみに僕が月10万円を突破したときは、案件は3つほどでした。5件も6件もなかったです。

つまり、知識がない初心者でも稼げるんです!

初心者でも稼げる理由は、こちらの記事で詳しく解説しています。

Webライター初心者でも副業収入で月5万円は超えられる?【余裕ではない】

最近、副業Webライターになりたい人が急増しています。 副業で月5万円は一つの目標であり、そこを超えられるかどうかが初心者の方は気になります。 しかし、月5万円といえども、余裕ではありません。 今回は ...

続きを見る

Webライターの稼げないジャンルと稼げるジャンルの違い

報酬の格差

Webライターが言う稼げるジャンル稼げないジャンルの違いは、いくつかあります。

初心者にはよくわからないでしょう。

具体的な違いはこちら。

稼げる額に影響する違い

・専門性・希少性

・はじめの単価

それぞれ解説していきます。

専門性・希少性

専門性・希少性がある分野は、高単価ジャンルです。

希少性・専門性の例として、「医療関係のライティングで医者の方募集!」などがあります。

医者はWebライティングしねーだろ!!と毎回一人でツッコんでいます。

しかし、こういった案件はやはり高単価で、3円以上とか普通に存在しています。

そんなに大したことないジャンルなのに単価が高い案件を持てると、仕事が楽~になりますよ。

逆に専門性や希少性がないところは、「大学生」や「高校生」、「主婦」などのジャンルです。

専門性・希少性両方皆無です。

専門性・希少性は、経験を積んだ人に生まれます。

つまり、この部分に関しては年齢が高い人の方が有利になります。

年齢が高いほうが、Webライターに有利な理由はほかにもあるよ。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

Webライターは年齢を重ねている人のほうが有利になる職業!【理由を解説】

年齢が仕事を始める1つのハードルになることは周知の事実です。 副業として代表的なプログラミングではプラグラマ35歳定年説という言葉があり、この言葉が年齢の重要さを表しています。 しかし、Webライター ...

続きを見る

はじめの単価

ジャンルによって、はじめの単価が違います。(発注者によっても大きく変わります

高単価ジャンルは、単価交渉をしなくても最初から文字単価3円を超えていたりします。

ほかのジャンルでも文字単価3円はいけるが、最初から文字単価3円は高単価ジャンルぐらいだ。

もちろん高単価案件も、単価交渉で文字単価4円にも5円にもなります。

Webライター初心者でも、高単価ジャンルの知識や経験が豊富であれば、中級者以上の文字単価です。

高単価案件は、スタートダッシュがえぐいよ!

また、高単価案件に対する知識や経歴が深い人は、SEOの知識があまりなくても普通に案件がもらえます。

高単価案件に対する知識や経歴だけでやっていけるほど甘くはないので、スキルの勉強は必須。

Webライターの稼げるジャンルと稼げないジャンルを紹介

様々なジャンル

ここでは、具体的に稼げるジャンルと稼げないジャンルを紹介します。

稼げるジャンルの例

稼げるジャンルの例はこちら。

稼げるジャンルの例

・IT系

・医療系

・金融系

・不動産

・転職系

・美容系

これらのジャンルは、単価が高いです。

これらの単価が得意だ!という方は、あまりいないのではないだろうか。

でも、得意じゃなくても全然OK。これらは狙えたら狙う案件です。

ちなみに僕は、この中のジャンルを書いたことないです。

ここでの得意ジャンルがない方も、稼げないジャンルを選ばなければ全然OK!

稼げないジャンルの例

ズバリ稼げないジャンルは、エンタメ系です!!

エンタメ系とは、具体的にはこちら。

エンタメ系の例

・漫画

・アニメ

・ゲーム

・テレビ

・芸能人

・ユーチューバー

稼げないのは、だれでも書けるからです。

専門性・希少性などは皆無。

エンタメ系で、お金を稼ぐことはほぼ不可能です。

しかし、最初に受ける案件としては悪くないです。

初心者にとっては書きやすく、良い執筆経験になります。

もしエンタメ系で文字単価が高い案件が転がっていたら、積極的に獲得しに行きましょう。

エンタメ系は書くのが楽しいから、お小遣い稼ぎにはピッタリだよ。

まとめ Webライターは1割の稼げないジャンルを選ばないことが重要

選択に迷う男性

Webライターは1割の稼げるジャンルより、1割の稼げないジャンルを受けないことが重要です。

この1割以外は、そこそこ稼げるのだから実質9割は稼げるジャンルです(笑)

稼げるジャンルは、Webライターとして上級者になってからでも遅くない

-Webライター