Webライター

バイトをやめてWebライターになれ!【大学生や高校生は必ずやるべき】

Webライターをバイト代わりにしたいけど、Webライターで稼ぐのって難しいのかな?

こんな悩みの方が、多くいると思います。

しかし、実はWebライターでバイト以上に稼ぐことは、そんなに難しいことではないです。

やることも特別多いわけではないので、学生でも十分に活躍できます。

この記事でわかること

・Webライターはバイト以上に稼げる(2か月は必要)

・Webライターがバイト以上稼ぐのに最低2か月必要な理由

・Webライターがバイトより優れている点

・大学生・高校生がバイトよりWebライターをやるべき理由

では、解説していきます。

結論 Webライターはバイト以上に稼げる(2か月は必要)

長期間にわたりお金を育てる男性

Webライターはバイト以上に稼ぐことは余裕で可能です。

大学生のバイトの平均は3~4万円ほどです。

要領がいい人なら、初月で突破できる金額です。

僕は2か月目で数万円ほど稼いでいたよ

実際、Webライターで月数万円稼ぐことは、学生でも充分に可能であり、再現性が高いです。

しかし、ほとんどの人はバイト代を超えるのに最低2か月はかかります。

遅い人だと3か月、4か月かかります。

なぜ、バイトと違って月数万円稼ぐのに何か月もかかるのかを説明していきます。

Webライターがバイト以上稼ぐのに最低2か月必要な理由

時計と時

Webライターは最初が1番大変です。

僕は2か月で数万円稼いでましたが、運もよかったのもあると思うので、普通は3か月くらいかかります。

僕が初心者期間を経験してきて、なぜ多くの期間を必要とするのかを3つ紹介します。

なぜ稼ぐのに2か月かかるのか?

・記事執筆に慣れるまで時間がかかる

・案件を獲得するまでに時間がかかる

・最初は単価が低い

それぞれ解説していきます。

記事執筆に慣れるまで時間がかかる

最初は記事の執筆に慣れていないので、超大変です。

1記事執筆しただけで、非常に疲れます。

しかし、慣れれば1日に2記事・3記事と書けるようになるので、最初だけだと思って頑張りましょう。

大体2か月くらいで慣れるよ

毎日2000文字~3000文字書くことが普通だと思える考えになれれば、バイト以上の収入なんて楽勝です。

僕は、大学が休みの時は1日に5000字書いています。

記事執筆スピードを上げるためには書き方を覚え、練習する必要があります。

記事の書き方や練習を詳しく解説した記事はこちら。

案件を獲得するまで時間がかかる

案件の獲得までが長いことが、バイト以上の収入を得る一番の障害です。

まず、Webライターが仕事を獲得するためには、クラウドソーシングサイトに登録する必要があります。

そこでは、クライアントから案件を獲得するために「提案文」というものを送るのですが、30件・40件送って1件成約できるかできないかです。

そのくらい案件獲得は難しく、案件獲得には優れた提案文と少しの運が必要になります。

でもバイト収入は1・2件の継続案件で突破できるよ

そんなに案件の数が必要ではないので、心配しなくて大丈夫です。

提案文を磨きたい方はこちらの記事を参考に。

Webライターは提案文で稼げる額が変わる!【ここの改善で売り上げアップ】

Webライターにとって、提案文は非常に重要です。 案件をたくさん抱えるWebライターになれるかは、提案文の完成度に左右されます。 しかし、初心者の方は正しい提案文の書き方というものが、いまいちわからな ...

続きを見る

最初は単価が低い

最初の単価は、かなり低いです。

最初の記事を執筆した時などは、時給200円もらえるかもらえないかくらいだと覚えておきましょう。

最初から家でぬくぬく稼げるほど甘くはないぞ

単価を上げてもらうまでは案件をもらってから1か月以上はかかります。

それまでは、安い時給で我慢して働きましょう。

安い時給で、どれだけ素晴らしい働きを見せたかによって、単価の上がり具合が変わります。

単価のあげ方を知りたい方はこちらの記事を参考に。

Webライターの単価交渉の仕方を特別公開【僕はこれで文字単価3倍に!】

稼ぐために、単価交渉スキルは必要不可欠!! 単価交渉スキルを身につければ、文字単価は数倍以上にできます。 今回は、「3か月で月10万円」を突破した僕の単価交渉術を教えたいと思います。 裏技も公開してい ...

続きを見る

Webライターがバイトより優れている5つの点

リラックスしているWebライター

Webライターは収入面以外でも、バイトより優れています。

この優れている面に、バイトよりWebライターをやれと言った理由が入ってます。

バイトより優れている点

①在宅ワークが可能

②将来の可能性が広がる

③一人で働くことで様々な学びがある

④人間関係が楽

⑤遊ぶ予定などを自由に入れることが可能

それぞれ解説していきます。

①在宅ワークが可能になる

バイトの場合、5時間の勤務だとしても、準備・向かう時間を合わせると実質6時間以上消費しています。

在宅ワークでは、準備や通う時間が削減できるので、時間と早く起きるストレスなどからも解放されます。

コロナなどが騒がれている中でも、ウイルスに怯えることなくのびのび作業が可能です。

好きな時に、ちょこっと作業することができるのが強み

②将来の可能性が広がる

Webライターのように個人で仕事を獲得し、作業していくことは将来の可能性を広げます。

なぜなら、Webライターとして実績を積めば、Webライター以外にも可能性を広げることが可能だからです。

僕も、こうやってWebライターをやってきたからこそ、ブログなどに生かすことができています。

しかし、バイトのままだと、身につくのはバイト先でしか発揮できないスキルです。

バイトにもメリットは多くありますが、Webライターで得られるメリットの方が、断然大きいです。

Webライターの将来性については、こちらで詳しく解説してます。

Webライターは将来性あります!今後需要拡大していく理由を解説

コロナ禍による急速な副業ブームでWebライターの人口は急速に増加しました。 そんな中、【Webライターオワコン】などの意見が飛び交うようになり、将来性の不安を感じる方が多くいます。 今回は現役Webラ ...

続きを見る

③一人で働くことで、様々な学びがある

僕も一人で働いてみて、様々な学びがありました。

僕がWebライターとして、学べたことはこちらです。

Webライターをやって学べたこと

・Webライティング

・SEOについて

・ワードプレスでのサイト運用

・自己アピール力

これらのことは、多くの場面で役立つことであり、バイトでは絶対に学べなかったことです。

大学生の時間が有り余っている時期に、こういったことを知れたのはとても良かったと思ってます。

徹夜で勉強できるのも、今のうちだけだよ

④人間関係が楽

僕にとっては、非常にありがたかった!

初対面の人に囲まれながらが無理なタイプなので、助かりました。

すでに、コミュニティが形成されているところなんか最悪ですよね。

Webライターは、僕みたいなタイプには天職でした(笑)

人間関係が苦手な人って、今の世の中数多くいると思うので、そういう人はWebライターまじでおすすめです。

Webライターがどんな人に向いているか知りたい方は、こちら記事へ。

Webライターに向いている人の特徴を【現役Webライター】が教えます

Webライターは誰でもできる職業だと思われがちです。 しかし実際には、向き・不向きがあり、やってみて気づけたことが多くあります。 そこで、今回は【現役Webライター】の僕が向いている人の特徴を解説して ...

続きを見る

⑤遊ぶ予定などを自由に入れることが可能

Webライターにシフトは存在しません

Webライターには納期があり、そこまでに記事を納品します。

納期にさえ間に合えば、いつ仕事しようが自由というわけです。

仕事は先に終わらすほうが賢明。発注者に評価されやすいよ。

まあ、仕事が好きになって、結局僕はあまり遊ばないんですけどね。

バイトと違って、行く前の憂鬱がないのも良いポイント

大学生・高校生がバイトよりWebライターをやるべき理由

Webライターの仕事をしている学生

ここからは、大学生・高校生がWebライターをやるべき理由について解説していきます。

Webライターをやるべき理由

・ネットリテラシーがつくから

・スキルを持った状態で大人になれる

・学生でも簡単に始めれる

それぞれ解説していきます。

ネットリテラシーがつくから

Web関係の仕事を行うことで、ネットの情報を正しく理解し、判断できる能力が身につきます。

僕はWebライターを始めて、以前とはWebを見る目が変わりました。これは自分にWeb能力がついたからだと思います。

Web能力がついたことで、僕に起きた変化は以下のとおりです。

Web能力がついた後の変化

・サイトを見れば、どのように稼いでいるのか分かる

・これは、商品誘導のための文章の流れだなと分かる

・広告を絶対踏まないようになった(相手に儲けさせたくない(笑))

・凄いサイトと大したことないサイトの違いがはっきりわかるようになった

自然と頭を使って、記事を読むようになってたよ

記事を作っている側に立ってからは、様々なことがわかるようになりました。

ネットを上手に使えるようになったのも、Webライターを始めてからかもしれません。

このおかげで普通の読者とは、違った角度からWebを見ることが可能なりました。

ネットリテラシーは、学生は身につけておくべき能力です。

スキルを持った状態で大人になれる

スキルを持った状態で大人になることは、非常にデカい!!

スキルなしの大人って思っているよりやばいんです。

スキルなしの大人は、社会では一人前扱いされるのに、できることは中学生と何ら変わらないんですよ

こんな大人が給料高いわけがないですよね?

ゲームでもボス戦行く前は育成して、スキルなどを覚えさせますよね。なのに現実だと社会というボス戦の前に、何も準備していかないのはおかしいです。このままだと将来ゲームオーバーです。

大人になってからでは、スキルの習得は困難です。

なぜなら、社会人は圧倒的に時間が少ないからです。

大人は休日・仕事終わり・睡眠時間を削っても、大学生の時間の膨大さには勝てません。

大人は、学生の倍ぐらいの覚悟が必要です。

学生でも簡単に始めれる副業だから

せどり・プログラミング・ブログ・投資・デザイナーの中でも、Webライターは比較的始めるのが簡単です。

始めた月から、Webライターとして仕事を請け負うことも全然可能です。

すぐに活動して結果出したい!という方とかはすごく向いていると思います。

始めるのに、お金が全くかからないのも魅力!!

Webライターはオワコンなど言われていますが、絶対にやるべきです。

その理由はこちらの記事で解説してます。

Webライターは飽和している!オワコン?【いえ、実はまだ稼げます】

Webライターの人口は、クラウドワークスに登録している人だけで10万人を超えています。 そんな中、飽和しているWebライターを【オワコン】と呼ぶ人たちが増えました。 現役Webライターの僕からすると、 ...

続きを見る

まとめ 1年後後悔しないほうを選ぼう

パソコンとWebライター

今回は、バイトよりWebライターをするべきと解説してきました。

実際はどちらにもいいところがあって、悪いところも当然あります。(じゃなきゃ全員Webライター)

しかし、1年後後悔しないようにという観点からいくと、Webライターは圧勝ではないかと思います。

なかなか学生のうちは1年後を見据えることは難しいですが、1年後後悔しない道を歩きましょう。

-Webライター