Webライター

Webライターはポートフォリオが重要!作り方を初心者向けに丁寧に解説

案件を取るにはポートフォリオが命!

このくらいポートフォリオは、重要なものです。

初心者の方からしたら

ポートフォリオって何?

どうやって作るの?

様々な疑問が出てくるでしょう。

これらの疑問を持つ初心者Webライターに向けて答えていきます。

この記事でわかること

・なぜ、ポートフォリオが重要視されているのか

・Webライターの案件で使えるポートフォリオは2つ

・ポートフォリオの作成方法

・発注者に評価されるポートフォリオの特徴

では、解説していきます。

なぜ、ポートフォリオがWebライターの中で重要視されているのか

Webライターのポートフォリオ

まず、ポートフォリオとは「実績」のことと軽く覚えておけばいいです。

Webライターとして案件を獲得するには、実績が必要です。

実績がない人には、発注者は仕事を依頼しません。

ここで1つ問題が生じます。

初心者は案件がもらえないから、実績ができないじゃん!」

Webライターあるあるだよね

ここで、初心者用のポートフォリオを作成することになります。

ポートフォリオ(実績)作成はやり方がわかっていれば、誰でも作成可能です。

Webライターの案件で使うポートフォリオは主に2つ

Webライターがポートフォリオを作成

Webライターの実績で使う主なポートフォリオは2つです。

主なポートフォリオ

・ブログ

・Webライターとして受注した案件

それぞれ解説していきます。

ブログ

ブログ記事を、ポートフォリオとして使用することはたくさんあります。

僕もブログ記事をポートフォリオにして、営業していました。

ブログ記事をポートフォリオにするメリットはこちら

ブログを実績にするメリット

・発注者に自分の文章能力がすぐ伝わる

・自分の知識を存分にアピール可能

・ワードプレスを使いこなしていることも伝えられる

・相手に本気度が伝わる

このように、発注者はブログ記事だけで様々なことを読み取ってきます。

ブログは、結構効果があるので割とおすすめです。

ブログをポートフォリオにしたからって、案件が全部通るとかはないので注意してください

Webライターとして受注した案件

それができないから苦労してんじゃん!!

みなさんが苦労しているのは、プロジェクト案件とよばれるWebライター向けの案件です。

実績作りのための案件とは、タスク案件のことです。

タスク案件は簡単で比較的誰でも出来るような案件です。

ここでいくつか数をこなし、ポートフォリオにします。

この方法は、すぐにでも始めることができるので、実績作りの最短ルートです。

単価の方は気にせず、質の高い記事を書くことだけに集中しましょう。

Webライターがブログでポートフォリオを作成する場合(所要期間10日ほど)

女性のブロガー

ブログでポートフォリオを完成させる場合は、初心者は早くても10日ほどかかると思います。

ブログで、ポートフォリオを作成する場合の手順はこちら

ブログで実績を作成する手順

①ワードプレスでブログを始める

②記事を3記事ほど書く

③記事の装飾や見直し

それぞれ解説していきます。

①ワードプレスでブログを始める

ワードプレスで、ブログを始めましょう。

noteやはてなブログと違い、ワードプレスは有料です。

なぜ、わざわざ有料の方で始めるのか?」と思う方もいるでしょう。

ワードプレスで、ブログを始めるメリットはこちらです。

ワードプレスで始めるメリット

・ワードプレスの操作が覚えられる

・ワードプレスを使う案件が多い

・記事の装飾の幅が広い

・そのままブログを続けるときに有利

ワードプレスは、全世界のWebサイトの40%以上を占めています。

なのでワードプレスを使いこなすことは、Webライターにとって大きなメリットになります。

初心者の方は、ワードプレス開設と設定、操作方法を覚えるのに1週間ほどかかると思います。そのぐらい難しいです。

②記事を3記事ほど書く

ワードプレスの設定などが終わったら、記事を3記事ほど書いてみましょう。

文字数は2000~3000文字あると、記事っぽい長さになります。

この3記事は自分の知識、得意なことを詰め込んだ記事にしましょう。しかし、あくまで記事なので読者のメリットに繋がる記事を意識してください。

3記事は、それぞれ違うタイプの記事がいいです。

ポートフォリオに同じような記事は,3記事もいりません。

僕は初心者のころ、1記事書くのに8時間かかってました

③記事の装飾や見直し

記事を書いたら、記事の装飾や見直しを行っていきます。

記事の装飾では、マーカーや色を付けすぎないように注意!

画像も適切な画像を貼っていきましょう。

見直しでは、誤字・脱字、文章の流れがおかしくないかを、何回も読んで修正しましょう。

記事の装飾は有名ブロガーさんの記事はレベルが高いので、参考にしなくてもOK。Twitterにいる月10万円ほど稼いでいるブロガーを参考にしよう!

ブログでポートフォリオを作成するときの注意点

ブログでポートフォリオを作成する場合も、多くの注意が必要です。

ブログで、ポートフォリオを作るときの注意点はこちら

ブログで作成する際の注意点

・発注者に向けてではなく、架空の読者に向けて書く

・自己満の記事・日記にならないようにする

・タイトルに対して適切な記事が書かれているか

・タイトルに対して記事の内容が足りなくはないか

基本的に、記事は読者の悩みを解決など、読者が記事を読んでメリットを得られるようにすることが大事です。

この記事も、初心者Webライターがポートフォリオを作成して、案件をとれるように記事を書いています。

ただ記事を書くのではなく、読者を想定し、読者に必要な情報に自分の知識も織り交ぜながら書くことが重要!

自分の知識を、読者のメリットになるように盛り込んでいくのが大事だよ

絶対に自分の知識だけをひけらかすブログにならないように注意!!

Webライターの案件でポートフォリオを作成する場合(所要期間5日ほど)

若い男性のWebライター

Webライターの案件でポートフォリオを作る場合は、早い人だと5日で終わります。

ブログよりも楽ですが、個人的にはブログのほうがポートフォリオとしては少し強いです。

しかし、Webライターの案件で作成する場合も、しっかりとやれば案件獲得は全然可能です。

Webライターの案件で、ポートフォリオを作成する手順はこちら

Webライター案件での場合

①タスク案件を3つほどこなす

②タスク案件を用いて低単価のプロジェクト案件に応募

③低単価の案件たちで普通の単価の案件を狙う

それぞれ解説していきます。

①タスク案件を3件ほどこなす

まず、タスク案件を3件ほど、こなしましょう。

ここで、どのようにクラウドソーシングサイトからお仕事をもらい、納品するのかも学べます。

タスク案件でも、最初はめちゃくちゃ緊張するよ

心配な方は5件ぐらい受けても大丈夫です。

自分の得意分野に関連するタスク案件があれば、積極的に受けましょう。

②タスク案件を用いて単価が非常に低いプロジェクト案件に応募

制作した3件のタスク案件を用いて、低単価なプロジェクト案件に応募しましょう。

ここでの低単価とは、文字単価0.5円以下の案件のことです。

普通だったら絶対受けないブラック案件だ!!

低単価とはいえ、プロジェクト案件なので、実績にはもってこいです。

初心者だと、いきなりプロジェクト案件は要領がわからないと思うので、タスク案件を前の段階で挟んでいます。

ここでも3件くらい受けましょう。

こういう低単価な案件は修正なども多いかもしれませんが、逆に記事の質を上げるチャンスだと思って全力で書きましょう。

③低単価の案件たちをポートフォリオとして普通の単価の案件に応募

ここで、低単価のプロジェクト案件を用いて、普通の単価の案件に応募していきます。

ここでは、0.7円くらいから始めましょう!

今までと違って,そう簡単には通らないよ

これまでは、普通の案件に応募するポートフォリオを作成しただけです。

ライバルたちは、みんなポートフォリオを作成してから応募しています。

ポートフォリオがあるから受かるだろうとは思ってはいけません。

しかし、ポートフォリオがないとほぼ受からないので、ポートフォリオの効果は大きいです。

案件獲得のために、提案文についても学びましょう。

提案文の書き方はこちらの記事で詳しく解説してます。

Webライターは提案文で稼げる額が変わる!【ここの改善で売り上げアップ】

Webライターにとって、提案文は非常に重要です。 案件をたくさん抱えるWebライターになれるかは、提案文の完成度に左右されます。 しかし、初心者の方は正しい提案文の書き方というものが、いまいちわからな ...

続きを見る

Webライターの案件でポートフォリオを作成する場合の注意点

Webライターの案件で、ポートフォリオを作成する場合の注意点はこちら

案件で作成する際の注意点

・自己表現は控える(案件による)

・発注者にポートフォリオとして使用していいか了承を得る

Webライターの案件の場合は、文章を発注者にチェックされるので、そこまで心配しなくて大丈夫です。

しかし、万が一があるので、しっかりと自分でも確認しましょう。

ここまで完了したら、次は提案文を送りまくるだけだ!!

発注者に評価されるWebライターのポートフォリオに共通する特徴3つ

上級Webライターの男性

ここまで、ポートフォリオの作成方法を解説してきました。

しかし、作成したポートフォリオも優秀でなければ、意味がありません。

優秀なポートフォリオに共通する3つの特徴はこちら

優秀なポートフォリオの特徴

・文末表現・接続後・助詞をきれいに使用

・キーワードに対して内容が十分盛り込まれている

・誤字・脱字がない

それぞれ解説していきます。

①文末表現・接続語・助詞をきれいに使用している

特に初心者のうちは、文章の細かいところがごちゃごちゃです。

現役Webライターの僕でも、読み返したら文章が少しごちゃついていることは多々あります。

評価が高いポートフォリオは、日本語がきれいです。

読みやすく、すっきりとした文章です。

Webライターは文章を書く仕事なので、文章の見直し・修正に多くの時間を費やしましょう。

正直僕もここらへんは苦手(笑)

文章力を上達させる練習法については、こちらの記事で解説してます。

【必見】Webライターの練習は何をすればいいの?【練習メニュー公開】

「Webライターって具体的に何を練習すればいいの?」 僕も初心者の頃は同じことを思ってました。 「文章の鍛え方なんて、全然わかんねえ」って感じです。 しかし、今ではWebライターらしい文章がスラスラ書 ...

続きを見る

②キーワードに対して内容が十分に盛り込まれている

今から、例を紹介します。

「初心者 ブログ開設」のキーワードで書く場合、初心者でもわかりやすいようにブログの開設方法を説明しなければいけません。そしてこの記事の目標は、その記事単体で、初心者がブログを何の疑問も持たずに開設できることです。そのためには、わかりやすい説明・用語の解説・契約する場面の画像などを書く必要があります。

記事に、キーワードに対する答えがすべて入っているかが重要!

読者の立場に回り、読者が欲している情報を網羅的に書くことが、ブログでもWebライターの案件でも必要。

キーワードに対しての解決方法がしっかりと書いてあり、新たな疑問を生じさせない記事が発注者に評価されます。

③誤字・脱字がない

これは基本中の基本ですが、出来ていない人が多くいます

確かに、見直しなどは面倒くさい作業です。

しかし、案件をもらうためのポートフォリオなので、誤字・脱字は絶対になくしましょう。

1日置いてから、記事を見直すのが効果的です。

まとめ 何もない初心者Webライターはポートフォリオの作成に1週間はかかる

初心者Webライターの男性

ここまで、ポートフォリオ作成について解説してきました。

どんなに頑張っても、ポートフォリオ作成には1週間程度かかります。

最初はいろいろ苦戦すると思いますが、苦労するのは何事も最初だけです。

ゆっくりすべてを楽しんでいきましょう。

こんな経験できてラッキーくらいに、最初は感じるのが良いですよ

-Webライター