Webライター

Webライターがリライトする目的とコツを解説!【記事の質を上げよう】

リライトって何?

リライトする目的と方法が分からない!

こんな方のために、リライトの基礎知識を現役Webライターが解説していきます。

この記事でわかること

・リライトをする目的

・リライトをするときのコツ

・リライトをするときの注意点

Webライターにおけるリライトとは?

リライトをしているWebライターの男性

Webライターにおけるリライトとは、ただ書き直すことではありません。

リライトとは、記事の目的に合わせた修正のことです。

記事ごとに目的は変わります。

まずは、リライトの正しい意味を覚えておきましょう。

Webライターがリライトする目的

Webライターがリライトを行う目的はこちら。

リライトの目的

・集客力の上昇

・成約率の向上

これらの目的を達成できるリライトが、Webライターのリライトです。

記事を書くより全然難しいよ。

Webライターは、集客力の上昇成約率の向上を実現するために、以下のようなリライトを行います。

実際に行うリライト

・ターゲットに合わせた【表現の変更

・商品の成約につなげる【自然な誘導

・高クオリティの【SEOライティング

このように、リライトは目的を持って行われるものであり、単に書き直すだけではありません。

Webライターがリライトをするときの3つのコツ

上級Webライター

Webライターがリライトするときのコツはこちら。

リライトするときのコツ

①文章の自然さを意識する

②目的を持ってリライトする

③ターゲットとなる読者に響く文章なのか考える

それぞれ解説していきます。

①文章の自然さを意識する

商品やサービスの成約までの文章が、ごちゃごちゃしていませんか?

全体的に読みにくく、離脱されやすい文章になっていませんか?

初心者は、このような文章を見落としがちです。

文章の自然さを確認する方法はこちら。

・1日置いてから読んでみる

・他人に読ませてみる

・速く読んでも理解できるか

助詞の一つから論理の展開まで、細部まで意識しましょう。

製作者目線で、記事を見てはいけないよ。

②目的を持ってリライトする

ただの書き直しのリライトでは、意味がありません。

リライトは、目的を持って初めて効果が出ます、

目的に合わせてリライトの具体例は、こちら。

具体例

高齢者向けのリライトの場合、カタカナをなるべく減らす。

これは、ターゲットに合わせた表現の変更です。

ただ単に書き直すだけでは、カタカナを減らすことは出来ていなかったでしょう。

高齢者をターゲットにするという目標を置いたことで、カタカナを減らすというリライトが思いつきます。

③ターゲットとなる読者に響く文章なのか考える

読者は人間なので、響かない文章は離脱されます。

読者が知りたい情報だとしても、文章によっては読者からダメ記事と思われてしまいます。

情報と文章が100点で、100点の記事ができるよ。

響かない文章の特徴として、「読者が自分事と捉えずに読み進めていく」というのがあります。

文章を読み進めていくうえで、「私のことだ!」と思わせる必要があります。

文章の細部に、ターゲットを絞るキーワードを自然に入れることで、自然なターゲット選定が可能になります。

Webライターがリライトで注意すべき3点

教えてくれるWebライターの女性

Webライターがリライトで注意すべき点3つはこちら。

リライトで注意すべき3点

①タイトル・趣旨とずれていないか

②なぜリライトしたか言えるか

③書き加えてばかりいないか

それぞれ解説していきます。

①タイトル・趣旨とずれていないか

リライトを進めていくと、いつの間にかタイトルや趣旨からずれていく場合があります。

リライトに気を取られすぎた場合ね。

対策はこちら。

対策

・リライト優先にしない

・しっかりとペルソナ設定をする

特にペルソナ設定(ターゲットより細かい設定)は、軸をしっかりとするために必要です。

ペルソナ設定をいい加減にやると、全体的に分散する誰にも刺さらない文章になります。

文章は、だれか一人を意識して書くことが重要です。

②なぜリライトしたか言えるか

リライトは、目に見える成果が感じにくい作業です。

だからこそ、リライトした文章のすべてを説明できる必要があります。

なんとなくのリライトは駄目だよ。

なんとなくのリライトにしないために、1つ1つの文章に目的があるようにしましょう。

1つ1つの文章に目的を持たせるのは、かなり難しいです。日頃から習慣にしておきましょう。

③書き加えてばかりいないか

リライトといえば、書き足したりボリュームを出したりのイメージがあります。

しかし、文章を削ったり簡略化することもリライトです。

足すだけでなく、引くことも大事。

リライトの目標は、集客力と成約率の向上です。

読者の行動を促したり集客するのに、引くことが効果的な場合もあることを覚えておきましょう。

変更する・書き足す・ボリュームを出すことが目標ではありません。

まとめ Webライターのリライトは、記事の質を上げる重要な作業!

リライトをしているWebライター

ここまで、リライトのコツや目的などを解説してきました。

リライトの重要さについて、気づけた人も多くいると思います。

最初は、リライトなんて一ミリも分かんなかったよ。

これからWebライターとして優秀になるために、リライトを練習しましょう1

-Webライター