Webライター

Webライターに必要なスキルを徹底解説!これさえ学べばOK【初心者必見】

初心者Webライターは悩みがあります。

その中でも、「どんなスキルを学んでいけばいいのか」・「高単価の人はどんな知識を持っているのか」は、全く分からないと思います。

僕も最初のころは、知識はないし、お金ももらえないし自分の行く先が全然見えませんでした。

そこで今回は、「初心者」・「中級者」・「上級者」に分けレベル別で必要なスキルを解説していきます。

この記事でわかること

・初心者に必要なスキル

・中級者に必要なスキル

・上級者に必要なスキル

・スキル以外の単価を上げる方法

・Webライターに必要なマナー

では、解説していきます。

Webライターとして活動するのに必要なスキル3つ(初心者編)0~3万円

初心者の女性

ここではすべての基礎になるスキルを教えます。

この3つのスキルは初心者だけでなく、中級者も上級者も記事を書くときは意識しているものです。

初心者に必要なスキル

・読者を正確に想定する

・情報収集を正確に行う

・自己宣伝力

それぞれ解説していきます。

読者を正確に想定する

読者を正確に想定することが、記事を書く土台になります。

どんな職業で家族構成はどんな感じで、年収はいくらぐらいなのかを想定することが重要です。

ペルソナ設定」と呼ばれる、ターゲット設定以上の細かい設定を作り上げます。

読者を詳細まで設定して記事を書くことで、ニーズを満たす記事を書くことができ、満足度と質が高い記事を書けるようになります。

逆に読者を想定しないと、これいる?みたいな情報で溢れ、必要な情報がないという事態に陥ります。

ペルソナ設定の例

・基本の情報(年齢、性別、趣味、家族構成)

・職業(学部、学科、収入、役職)

・最近の生活状況(悩み、生活リズム、習慣)

ペルソナを設定する範囲に特に決まりはありません。

情報収集を正確に行う

Webライターは正確な情報を拾う能力が不可欠です。

仕事上、多くのリサーチを行う必要があり、誤情報の記載は絶対に許されません。

情報の誤りは、読者からの信頼・クライアントからの信頼を失うことになります。

自分の仕事を信頼してもらうためにも誤情報が流れているネットなどにおいて、正確な情報だけを見抜く力が求められます。

情報収集のコツはこちらの記事で解説しています。

Webライターにはリサーチ能力が必須!【コツを掴んで時間短縮を実現】

Webライターの業務で、リサーチが占める部分は非常に大きいです。 リサーチ能力の不足は、記事の品質・業務時間にダイレクトにつながります。 今回は、正確なリサーチの方法やリサーチに関する悩みを解決してい ...

続きを見る

自分を魅力的にアピールできる自己宣伝力

Webライターの初案件は、主にクラウドソーシングサイト(業務を委託してくれるサイト)からです。

そこで案件をゲットするには提案文を書き、クライアントにアピールしなければなりません。

自己宣伝力が低いと、多くの提案文がきているクライアントの目にはとまりません

自己宣伝力を高い人は以下のことをクライアントに伝えています。

自己宣伝

・自分に何ができるか

・クライアントにどんなメリットがあるか

・意気込みや本気度

・今までの実績

クライアントの不安をどれだけ取り除き、メリットをどれだけ伝えられたのかが重要です。

Webライターとしてよりレベルアップできるスキル5つ(中級者)3~25万円

レベルアップしている人

中級者編のスキルが、一番重要なスキルです。

稼げる金額が大きく変わり、Webライターの仕事が本格化してきます。

中級者に必要なスキル

・SEOライティング

・キーワード選定・共起語のリサーチ

・ワードプレスの操作

・単価交渉のスキル

・営業スキル

それでは解説していきます。

SEOライティング

覚えないと話にならないくらい重要なスキルです。

SEOライティングとは、SEOに適したライティング手法のことです。

SEOとは自分の記事が、Googleなどに評価され検索結果の上位に表示されるように最適化すること

SEO対策の知識は、実践しながらの勉強で良いよ。

しかし、Googleだけに対策してはいけません。

結局、記事を読むのは読者なので、読者とGoogleの両方に評価されるような記事を目指しましょう。

キーワード選定・共起語のリサーチ

キーワード選定

キーワード選定とは、読者が検索しているキーワードを調べることです。

キーワード選定に失敗すると誰にも読んでもらえない記事が出来上がります。

検索されてそうだな思うキーワードは意外と検索されていなかったりします。逆にあんまり検索されてないだろと思うキーワードが、多くの人に検索されている場合があります。

無駄な記事を作らないために、キーワード選定が行われます。

共起語のリサーチ

共起語とは、特定のキーワードに対して一緒にでてくるキーワードのことです。

共起語の例

【ワックス】・・・(共起語)セット、ヘアスタイル

【洗剤】・・・(共起語)汚れ、きれい

共起語をリサーチして適切に記事に入れることによって、SEO対策になります。

ワードプレスの操作

ワードプレスとはサイトやブログをつくり、運営できるシステムです。

このブログや記事は、全てワードプレスで作成してるよ。

世界中のWebサイトのうち40パーセント以上はワードプレスで作られており、操作できることはかなりのメリットになります。

Webライターの仕事でワードプレスに入稿や装飾なども作業に入ることもあるので覚えといたほうがいいです。

操作は全然難しくなく、ブロガーさんたちはみんな平気で使っているので、苦労はあまりしません。

単価交渉のスキル

稼ぐ金額に直接的に影響を及ぼすスキルが、単価交渉スキルです。

単価交渉を行う上で大事なことは以下の通りです。

単価交渉で必要なこと

・クライアントに貸しを作る

・ほかの案件の値段を伝える

・ほかの業務も行う

・自分が特別だと思わせる

基本的には、クライアントにメリットを与えた後か単価を上げた方良さそうと思わせることが重要です。

ほんの一部を紹介しましたが、単価交渉のやり方は人それぞれです。

僕は基本的にほかの案件の値段を伝え、やめられたら困るなと思われているタイミングで単価交渉をします。

単価交渉の時は強めに行きましょう

ほかの業務を担ってでも単価を上げ、最低ラインの底上げを行うのがいいです。

単価交渉をさらに詳しく解説した記事はこちら。

Webライターの単価交渉の仕方を特別公開【僕はこれで文字単価3倍に!】

稼ぐために、単価交渉スキルは必要不可欠!! 単価交渉スキルを身につければ、文字単価は数倍以上にできます。 今回は、「3か月で月10万円」を突破した僕の単価交渉術を教えたいと思います。 裏技も公開してい ...

続きを見る

営業スキル

営業スキルは、案件の獲得数に直接的に関係します。

Webライターの営業は、主に3種類あると思っています。

営業の種類

・クラウドソーシングサイトでの営業

・SNSでの営業

・募集している企業のサイトに直接メールを送る

上から難易度順番に並べました。

積極性とコミュ力が求められるので、習得が難しいスキルです。

ちなみに僕は営業が苦手で、最初のころからのクライアントさんに別のクライアントさんをを紹介してもらったりしていました。

Webライターでここまでできれば充分なスキル2つ(上級者)30万円以上~

1位の金の王冠

ここからは、これが完璧に出来たらトップクラスのスキルを解説します。

これらのスキルを、しっかりとやれるWebライターは一握りです。

セールスライティング

セールスライティングとはものを売ることを目的として、読者に「これほしい!」と思わせる文章のことです。

企業はセールスライティングができるWebライターにはたくさんお金を払います。なぜなら文章1つで売り上げが大きく変わるからです。

当然この次元に到達するにはスキルだけでなく、実績も必要だよ。

例えば、セールスライティングで「売り上げを〇パーセント増やしました」などです。

セールスライティング関連の案件は、クラウドソーシングサイトなどには転がっておらず、紹介などで獲得する必要があります。

サイト設計

サイト設計もクラウドソーシングサイトでは獲得できない案件です。

でもゲットできれば、お金はたくさんもらえるよ。

サイト設計は、主にキーワード選定から内部リンク構成各記事の見出し構成などです。

さらにリサーチする時間も追加されると、膨大な時間がかかります。

ブログを経験していないWebライターにとっては、慣れていないのでかなりきつい作業になります。

スキルではないが単価を上げる方法

お金がどんどん増えていく

スキルではないが、単価を上げる方法はあります。

少し先ほどまでの内容とは違いますが、ぜひ解説を見てください。

Webディレクターになる

Webディレクターになることも、単価を上げる方法です。

クラウドソーシングサイトにより作業の外注が容易に可能なので、Webディレクターにはだれでもなれます

文字単価2円の案件を文字単価1円で外注することで、最終的に記事をチェックするだけで、文字単価1円分が稼げます。

新人の育成や案件を継続的に獲得しないと成り立ちませんが、成功すれば時給は大幅に上がります。

自分の専門分野を作る

自分の専門分野を作ることも重要です。

できれば希少性の高いジャンルなどが好ましいです。

自分の専門分野であれば、クライアントとの交渉などでも話を優位に進めれることが可能です。

自分の専門分野は好きなことや経験してきたこと、興味のあることで持てれば最高です。

Webライターはスキルだけではなく、最低限のマナーも必要

マナーの良いおじさん

Webライターとして成長するためにいくつかスキルを挙げました。

しかし、いくらスキルがあってもマナーができていないと案件は継続しません。

守るべきマナーはこちらです。

守るべきマナー

・メールはできるだけ即返信

・納期厳守

・修正に対しての柔軟な対応

・手を抜かない

かなり基本的なことですが、守れない方も非常に多いです。

メールや納期に関しては、クライアントからすると飛ばれたのではと不安になるので注意。

できるだけ即レス、納期は必ず守るを徹底しましょう。

まとめ Webライターのスキルは行動しながら学ぶと効率がいい

行動している男性

今回はWebライターに必要なスキルを解説しました。

勉強しなければならないことは多くありますが、インプットだけでは非効率です。

たくさん行動しながら多くのことを学んでWebライターとして成長していきましょう。

-Webライター